直交周波数分割多重(ofdm)レシーバのための集中バッファアーキテクチャ

Centralized buffer architecture for orthogonal frequency division multiplexing (ofdm) receiver

Abstract

【課題】OFDMレシーバの機能ブロックあるいはモジュールは一般的に直列に接続されており、1つの機能ブロックの出力は次の機能ブロックに関連したバッファに送られるようになっている。この構成は場所をとり、OFDM信号の処理に関連した処理オーバーヘッドを増大する。 【解決手段】開示した実施形態は、直交周波数分割多重(OFDM)レシーバの集中バッファアーキテクチャ(60)に関する。このアーキテクチャは、レシーバの主要な機能ブロックあるいはモジュール(70−90)が中央バッファ(68)を共有するものである。ステートマシン(62)により、機能ブロック(70−90)によるバッファ(68)へのアクセスが可能とされ、バッファの整合性が保たれる。 【選択図】図3
PROBLEM TO BE SOLVED: To solve a problem that function blocks or modules of an OFDM receiver are generally connected in series with each other, and an output from a function block is transmitted to a buffer related to the next function block; this structure occupies a large space and enlarges a manipulation overhead related to manipulation of an OFDM signal. SOLUTION: The disclosed embodiment relates to a centralized buffer architecture (60) for an orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) receiver. This architecture allows main function blocks or modules (70-90) of the receiver to share a central buffer (68). A state machine (62) enables the function blocks (70-90) to gain access to the buffer (68) and buffer consistency is maintained. COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-H118601-AJanuary 12, 1999Sony Corp, ソニー株式会社デジタル放送の受信機

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle